会計人である母に憧れて

04
ANNA
KONDO
近藤 安奈
2016年 入職
富士大学卒業
監査第一課
Q1
Q.
なぜこの仕事を選んだの?
A.
きっかけは母です
この仕事を選んだきっかけは母です。母は、会計事務所で働いており、母の仕事をする姿に憧れ、この業種を選びました。
小中学生の頃、よく母の事務所にお邪魔させていただいておりました。お客様とお話する母の姿、家事をしっかりこなしながら仕事も一生懸命な母の姿は憧れでした。そんな母のような、お客様や事務所の皆さんに信頼され、貢献できる人を目指したいと考えています。
Q2
Q.
大変なことは何ですか?
A.
時間管理です
現在は内勤として所内業務を行っています。通常の監査担当者の時より緊急性や重要性の高い仕事が増え、時間管理について難しさを感じています。当初策定した予定を組み替えることも多い為、余裕をもったスケジューリングが必要になってきます。
また、効率よく仕事を進めていくためには様々な知識と臨機応変な対応が必要です。お客様ごとにお困りごともさまざまですので、きっちり対応できるように常に勉強が必要になります。
Q3
Q.
やりがいは何ですか?
A.
お客様、事務所の皆さんのお役に立つことができ、ありがとうと言っていただけた時です
弊社ではサンクスカードを毎月全員で贈り合う習慣があります。メッセージを見て事務所の皆さんのお役に立つことができていると感じたときはとてもやりがいを感じます。また、お客様のお困りごとを解決できたときに「ありがとう」と言っていただけた時はとてもうれしく思います。
Q4
Q.
今の目標を教えてください
A.
内勤のプロを目指します
今後は、お客様や事務所の皆さんのお役に立てるように内勤のプロを目指したいと思います。事務所の縁の下の力持ちとして、事務所の支えとなれるように頑張ります。
Q5
Q.
未来の後輩たちに一言
A.
「チームRINGS」の一員として、一緒に秋田を発展させていきましょう
弊社は、お互いを支え合い、成長できる職場です。事業定義である「企業経営の伴走者」としてお客様企業が良い会社になれるように、「チームRINGS」の一員として一緒に秋田を発展させていきましょう。

INTERVIEW

1DAY

税理士事務所の職員の働き方は毎日違いますし、人それぞれです。
この業界を目指している方へイメージが湧きやすいように
ある日の一日を切り取ってみました。

8:30
出社・掃除
全員で15分間、それぞれの担当場所で掃除をします
8:45
朝礼・後輩のスケジュール確認
今日の全員のスケジュールや連絡事項の確認をします
後輩のスケジュールの確認をし、スムーズに進められるようにフォローをします
9:00
マンスリーレポートステップの作成
監査担当者が監査に行く前に作成をします*
12:00
お昼休み
楽しく談笑しながらお弁当をいただきます
13:00
所内監査
記帳代行先の監査を所内で行います
17:00
後輩の進捗状況確認等
今日の仕事の進捗、 明日のスケジュールの確認を行います
17:30
退社
*マンスリーレポートステップは、自社の経営状況を経営者と社員が見て理解し、読み取ることができるよう、財務・人事・マーケティングから資金繰りまでのヒントがまとめられている資料です
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
写真:田口幸宏
YUKIHIRO
TAGUCHI
田口 幸宏
2013年 入職
明治大学卒業
監査第四課 課長

写真:石黒陽子
YOKO
ISHIKURO
石黒 陽子
1994年 入職
学校法人伊藤学園
秋田情報ビジネス専門学校卒業
監査第一課 課長
写真:佐藤友弥
TOMOYA
SATO
佐藤 友弥
2018年 入職
矢島高等学校卒業
監査第二課

写真:近藤安奈
ANNA
KONDO
近藤 安奈
2016年 入職
富士大学卒業
監査第一課

ENTRY

  • 秋田県就活情報サイト こっちゃけからエントリー
  • 本サイトからエントリー